ご利用規約
VRクリエイターマッチングプラットフォームFlic360β版利用規約

平成29年3月21日制定
LIFE STYLE株式会社

この利用規約は、LIFE STYLE株式会社(以下「当社」といいます。)が運営するウェブサイトおよび当該ウェブサイト上で当社が提供する「VRクリエイターマッチングプラットフォームあFlic360β版」(以下「本サービス」といいます。)の利用条件および当社と本サービスの利用者(以下「ユーザー」といいます。第2条に定義します。)との間の権利義務関係を定めるものです。本サービスをご利用いただくには、本利用規約の全文をお読みいただき理解いただいた上で、本規約に同意する必要があります。

第1条 本規約
当社は、本利用規約以外に、本サービスに関するプライバシーポリシー、ガイドライン等の規則を定める場合があります。この場合、これらの規則は本利用規約の一部としてユーザーと当社との間の権利義務関係を定めるものとします。以下、これらの規則と本利用規約を併せて「本規約」といいます。

第2条 定義
本規約における以下の各号の用語は、以下の各号に定める意味を有するものとします。
(1) 「ユーザー」
本サービスを閲覧または利用する全ての個人または法人
(2) 「会員」
当社所定の登録手続を行い、当社により本サービスへの登録が承認されたユーザー
(3) 「VRコンテンツ」
VR技術を用いたまたはVR技術に関連するコンテンツ
(4) 「発注者」
会員のうち、本サービスを利用して特定のVRコンテンツ制作の依頼を行うまたは当該依頼を行おうとするユーザーであって、当社所定の必要な情報を登録した会員
(5) 「受注者」
会員のうち、本サービスを利用して特定のVRコンテンツ制作を受託するまたは当該受託を希望するユーザーであって、当社所定の必要な情報を登録した会員
(6) 「システム手数料」
発注者が、当社に対し、本規約等の定めに基づき本サービス提供の対価として支払う手数料
(7) 「報酬」
受注者が、本サービスを利用して受託した仕事の完成および納品の対価として、本規約の定めに基づき受け取る報酬。ただし、当該仕事にかかる一切の費用を含みます。
(8) 「クライアント支払金額」
発注者が支払うべきシステム手数料と報酬金額の合計金額
(9) 「制作契約」
本規約の定めに基づき受注者と発注者の間で締結されるVRコンテンツ制作に関する業務委託契約
(10) 「検収期限」
発注者が、成果物を検査した後、検収を完了する期限であって、制作契約成立時に発注者と受注者の間で決定した期限

第3条 本サービス
1. 当社は、本サービスを通じて、ユーザーに対し、ユーザー間(ただし、本規約に基づいて受託者または委託者となったユーザーに限ります。)で制作契約を締結するためのプラットフォームを提供します。
2. 制作契約締結の当事者はあくまで会員同士であり、当社は取引の場を本サービス上で提供するにすぎないことから、当社は、特定商取引に関する法律等法令及び政令等によって求められる情報の提供、制作契約の成立、制作契約にかかる報酬の支払および目的物の引渡し、成立した契約の取消し、解除、解約、返品、返金、保証その他ユーザー間の取引に関する一切の事項について責任を負うものではありません。

第4条 本規約への同意
1. ユーザーは、あらかじめ本規約に有効かつ取消不能な同意をしないかぎり本サービスを利用することができません。
2. ユーザーが未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得た上で本サービスを利用する必要があります。
3. ユーザーが本サービスの利用を開始した場合は、本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。

第5条 本規約の変更
1. 当社は、当社が適当と判断する方法によりユーザーへの事前通知を行った上で本規約をいつでも変更することができます。ユーザーは通知された変更後の本規約についてユーザー自身の責任で確認しなければなりません。
2. ユーザーは、前項の通知を受けた後、本サービスを利用する場合は、当該利用行為をもって、当該変更後の本規約について確認したものとみなされることにあらかじめ同意します。この場合において、ユーザーが本サービスの利用を継続する場合は、当該変更後の本規約に同意したものとみなします。
3. 当社は、本規約の変更によりユーザーに生じた損害について、いかなる責任も負いません。

第6条 会員登録
1. ユーザーは、本サービスを利用して特定のVRコンテンツ制作業務(以下単に「案件」ということがあります。)の発注または受注を行う前提として、当社所定の手続により会員登録申請を行い、当社から承認を得る必要があります。
2. 会員登録申請は、会員となる本人または法人の場合は代表者もしくは法人より本サービス利用及び仕事の受発注に関する有効な契約締結権限を授与された役員・従業員が行うものとします。これらの自然人以外は登録手続を行うことはできません。
3. 会員登録申請にあたっては、当社所定の必要な情報を、正確にかつ真実に従って本サービス上で申告および登録しなければなりません。当社は、会員の登録情報について不正または虚偽の情報の登録または登録した情報の重大な不備を発見した場合は、当該会員の登録抹消を含む当社が適切と判断する措置を当社の裁量によりとることがあります。
4. 当社は、会員登録申請をしたユーザーに対し、本人であることの確認を含む確認のための連絡をすることがあります。ただし、当社は、他のユーザーに対し、当該ユーザーが本人であることその他当該ユーザーの登録情報の正確性等を保証しません。
5. 会員登録申請は、1ユーザーにつき1回に限りできるものとし、会員資格は1ユーザーにつき1つのみ取得することができます。
6. 当社は、会員登録申請を受けて、当該申請したユーザーに対する会員資格の付与について以下の各号に定める基準のほか本規約の規定および当社社内基準等に従い検討の後、当社の裁量により諾否を決定し、当社所定の方法により当該ユーザーに結果を通知します。当社はユーザーが会員登録申請によって会員となることを保証するものではありません。ユーザーは、会員登録申請が承認されない場合において、その理由を当社に対して問い合わせたり、いかなる方法によっても異議を申し立てないものとします。
(1) 満18歳以上であることおよび未成年者である場合には親権者など法定代理人の包括的な同意を得ていること
(2) 本サービスの既存の会員資格を有しないこと
(3) 反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいいます。)との取引もしくはこれに類する行為をしたことがなく、または現に反社会的勢力に所属していないこと(法人の場合は、主要な株主、役員もしくは従業員が現に反社会的勢力に所属していないこと)
7. 会員は、登録内容に変更がある場合は、当社所定の手続により、速やかに当該変更内容を本サービス上で自らの責任で再登録し反映させるものとします。再登録手続を行わない場合は、本サービス利用にあたって不利益または不都合が生じる場合があります。
8. 会員が本サービスに関連する金員の支払いまたは受取りに用いるクレジットカード、銀行口座等について当該会員本人名義ではないとの疑義が当社にとって生じた場合、当社は以後の一切の本サービスに関連する手続を停止または中止することがあります。この場合において、当社は、当社の措置によって当該会員、他の会員および第三者に発生する損害について何ら賠償する義務をおわず、当該会員が自己の負担と責任において対応するものとします。

第7条 発注者による案件登録
1. 発注者は、VRコンテンツ制作業務の発注をしようとする場合は、当社所定の手続により当該案件の登録を申請する必要があります。案件の登録申請にあたっては、当社所定の必要事項を正確に申告しなければなりません。
2. 当社は、案件登録申請を受けて、以下の各号に定める基準のほか当社社内基準により登録の可否を審査します。当社は、案件登録申請が行われた案件が登録されることを保証するものではなく、発注者は、当社が登録を拒否した場合であっても何ら異議を述べないものとします。当社は、任意に、理由を付して登録を拒否することができ、発注者が当社の通知した理由に応じて登録内容を修正した上で再申請し、当社が審査の上承諾した場合、当該発注者は当該案件を登録することができます。
(1) 案件登録申請内容から判断し、納期その他の観点から仕事の実施が困難または不可能であると当社が判断する案件ではないこと
(2) アダルトコンテンツに関する内容を含むと当社が判断する案件ではないこと
(3) その他当社が本サービスでの案件登録が不適切であると判断する案件でないこと
3. 当社は、前項の審査を行うことによって、案件の登録内容に関し、適法性、安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性があることを明示的にも黙示的にも保証しておりません。制作契約はあくまで会員同士の直接契約であることから、会員は、制作契約締結以前以後をとわず、制作契約に係る一切の事項について自己の責任と負担において行動するものとします。

第8条 登録案件に対する提案、商談およびマッチング
1. 特定の案件の発注者以外の会員は、当該案件が登録された場合、当該発注者が指定した期間以内に、本サービスを通じて、当社所定の方法により、当該案件の登録内容に応じたVRコンテンツ制作に関する提案を行うことができます。
2. 前項の提案があった場合、発注者と当該提案を行った会員は、発注者が設定した提案募集期限までの間、本サービスを通じて、当社所定の方法により、当該提案に関して自由にお互いの要望等をやりとりすることができます。案件の内容により適切な納期及び納品後の検査期間は異なると考えられることから成果物に関して本サービスにおいてシステム上登録される期限は検収期限のみであり、発注者と提案を行った会員は、検収期限を前提にそれに先立つ成果物の納期及び納品後の検査期間について協議し、決定しなければなりません。一度設定した検収期限は原則として変更することはできず、制作契約の当事者は、成果物について検査で不合格となった場合の修補等に必要な所要期間も考慮した上で、検収期限までのスケジュールを当事者の責任において決定しなければなりません。
3. 発注者は、提案募集期限までに、本サービス上において、当社所定の方法で特定の会員への発注の有無を決定するものとします。
4. 前項に基づき、発注者が、特定の会員に対し発注することを決定した場合は、発注者による発注決定通知(「依頼確定ボタン」を押すこと)と同時に、発注者と当該会員(以下、受注者といいます。)との間で、発注者によって最終的に登録された仕事内容および受注者から最終的に提示されたクライアント支払い金額で制作契約が成立するものとします。
5. 受注者となる会員以外の提案を行った会員の提案は、提案募集期限時点でその効力を失うものとします。発注者が第4項に定める決定を提案募集期限までに行わない場合は、提案を行った全ての会員の提案は効力を失うものとします。

第9条 制作契約の履行
1. 制作契約は、発注者と受注者との間において直接締結される業務委託契約です。当社は、本サービスを通じて、制作契約が発注者と受注者の間で締結される機会を提供しますが、当社自体が制作契約の当事者となることは一切ありません。
2. 受注者は、発注者に対し、本規約に基づき、登録案件にかかる成果物の完成および納品義務を負い、自己の責任と負担で、誠実に業務を履行するものとします。
3. 発注者は、受注者に対し、本規約に基づき、登録案件にかかる報酬支払義務を負い、また、受注者に対し、受注者が成果物を完成および納品するにあたって必要な情報を適時に提供するよう努めるものとします。

第10条 納品及び検収
1. 受注者は、発注者と受注者の間で決定した納期までに成果物を完成させ、当社所定の方法により納入するものとします。この場合、受注者は、当社所定の方法により本サービス上で納品の通知を行わなければなりません。
2. 発注者は、成果物の納入を受けた場合は、すみやかに成果物を検査し、制作契約に定めた仕様等に合致する場合は速やかに検収期限までに本サービス上の所定の方法で検収完了通知を行うものとします。
3. 前項の検査において、制作契約に定めた仕様等に合致しない場合は、制作契約に基づき当事者の責任で修補等の対応をするものとします。修補等の結果、成果物の納品があった場合は、前項と同様とします。いかなる場合も、原則として検収期限の延長をすることはできません。
4. 検収期限までに成果物が検査に合格しない場合、発注者は検収できない旨の通知を当社所定の方法により行わなければなりません。
5. 発注者が検収期限までに第2項に定める検収完了通知または第4項に定める検収できない旨の通知のいずれも行わない場合、検収期限において検収完了通知がなされたものとみなします。
6. 受注者が検収期限までに第1項に定める納品通知を行わない場合は、検収期限において制作契約は解除されたものとみなします。
7. 第4項に定める検収できない旨の通知があった場合は、検収期限において制作契約は解除されたものとみなします。ただし、この場合において、当該通知を行った発注者は、納品を受けた成果物があった場合でも、当該成果物について一切の利用を行うことはできません。虚偽もしくは不正に発注者が検収できない旨の通知を行った場合または検収完了通知がないにもかかわらず発注者が成果物を利用した場合、発注者は、これによって当社または受注者に生じた一切の損害を賠償するものとします。
 

第11条 クライアント支払金額の支払いと業務開始日
1. 制作契約成立と同時に、発注者には、受注者に対する報酬支払債務および当社に対するシステム使用料支払債務が発生します。
2. 報酬には、制作契約に基づく仕事の完成・納品に対する対価および第14条に定める権利の移転に対する対価を含むものとします。
3. 発注者および受注者は、当社が、報酬の収納を代行することをあらかじめ承諾します。受注者は、報酬受領権限を当社に授与します。発注者から当社に対し報酬の支払いがあった場合、当該支払時点で発注者の受注者に対する報酬支払債務は履行済みとなります。
4. 発注者は、制作契約が成立した場合は直ちに、当社所定の決済方法により(本規約制定時点ではクレジットカード払いのみですが、将来的には銀行振込による支払方法を追加する予定です。)、当社に対し、クライアント支払金額全額を支払うものとします。当該支払にかかる手数料は発注者の負担とします。当該支払が当社において制作契約成立日から7日以内に確認できない場合は、何らの手続を要することなく、制作契約は解除されたものとみなします。
5. 当社においてクライアント支払金額全額の支払い確認がとれた日を業務開始日とし、受注者は制作契約にかかる制作業務を開始するものとします。

第12条 システム使用料
1. システム使用料は、発注者と受注者とが直接契約を締結する機会を提供することに対する対価であり、制作契約が一旦成立した場合は、当社はいかなる理由があってもシステム利用料の支払いをうける権利を失わず、また既に支払いを受けたシステム利用料の返還をする義務を負いません。
2. システム使用料の支払いがなされたことを当社において確認することができない場合は、当社は発注者に対し以後一切のサービス提供を停止または中止することができます。この場合、当社は発注者または受注者に発生したいかなる損害についても賠償義務を一切負いません。

第13条 報酬
当社は、検収完了通知後、当社所定の方法により、受注者に対し、報酬相当額を支払います。支払いにかかる手数料は受注者の負担とします。

第14条 成果物に関する権利の移転等
1. 成果物に関して制作契約履行の過程および結果発生した著作権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含みます。以下同様とします。)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含むものとします。以下総称して「知的財産権」といいます。)及び所有権その他一切の権利は、検収完了通知時点で、受注者から発注者に対し移転するものとします。
2. 受注者は、前項に定める知的財産権について、従業者または第三者等によって発明または創作等されたものである場合は、当該知的財産権について当該従業者または第三者等からの承継等、前項に定める発注者への移転にあたって必要な一切の措置をあらかじめ行うものとします。
3. 受注者は、成果物について、第三者の知的財産権、所有権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権、名誉権その他一切の権利を侵害しないことを保証するものとします。
4. 発注者または当社が第三者から知的財産権その他の権利の侵害等についてクレーム、異議申し立て、訴訟提起を受ける等、第三者との間で紛争が発生した場合は、受注者が自己の責任と負担において対応するものとし、発注者または当社に損害が発生した場合は当該損害の全てを賠償し、訴訟対応等が必要な場合は受注者の責任と負担において協力するものとします。
5. 受注者は、成果物に関し、発注者または発注者の取引先等発注者が成果物について利用許諾等した者に対し、著作者人格権および実演家人格権その他の人格権を行使しません。また、受注者は、成果物の制作にあたって許諾を得た第三者に、発注者または発注者の取引先等に対し、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権、著作者人格権および実演家人格権その他の人格権を行使させないことを保証するものとします。

第15条 キャンセルまたは契約解除について
1. 発注者は、案件登録後検収期限までの間、発注者の都合によるキャンセルをすることができます。制作契約成立後の案件のキャンセルの場合は、発注者は、当該案件にかかる制作契約に定める報酬金額、業務開始日および検収期限を基準に第2項に定める方法により算出したキャンセル料を、受注者に対し支払う義務を負います。この場合において、当社は、発注者または受注者に発生したいかなる損害についても当社は賠償する責任を一切負いません。
2. 第1項に定めるキャンセル料は、業務開始日から検査完了期限までの日数を分母とし業務開始日からキャンセル日までの日数を分子として算出した割合を、報酬金額に乗じて算出した金額とします(日割り計算)。キャンセル料が発生した場合は、当社は、当社所定の方法により、発注者から支払いを受けた報酬相当額のうちキャンセル料相当額を受注者に対し支払い、当該報酬相当額からキャンセル料相当額を控除した残額について発注者に対し返還するものとします。なお、システム利用料については、第12条第1項に定めるとおり、キャンセルの場合においても返還いたしません。
3. 本規約に基づいて制作契約の解除がなされたとみなされる場合は(第11条第4項の場合を除きます。)、当社は、報酬相当額を発注者に返還するものとします。この場合において、当社は、発注者または受注者に発生したいかなる損害についても当社は賠償する責任を一切負いません。
4. 以下の各号のいずれかに該当する場合においても、当社は、制作契約が解除されたものとみなし、前項と同様の手続をとることができます。
(1) 当社から受注者への報酬相当額の送金前に制作契約が発注者と受注者の合意により解除されたことが、発注者と受注者双方による当社への申し出により、当社にとって明白であると当社がその裁量において判断した場合
(2) 検収完了前において、発注者または受注者に対し、制作契約の相手方または当社が所定の連絡手段により連絡が取れない状態が7日以上継続した場合
(3) 前2号のほか当社が報酬相当額を収納代行のため保持することが不適切または過度の負担となると当社が判断した場合
5. 本規約に基づいてキャンセルが行われた場合または制作契約の解除がなされたとみなされる場合、発注者は、受注者から納入を受けた成果物その他の納入物について一切使用、収益または処分する権利を有しません。この場合、万一発注者が成果物その他の納入物を違法または不正に使用、収益または処分したと当社が判断した場合、当社は、当社の裁量において、本規約に定める報酬相当額の返還を行わず、検収完了したものとみなして受注者に対し発注者の支払った報酬相当額を支払うことができ、この場合の当社の支払い行為について受注者および発注者はあらかじめ承諾します。ただし、この場合の報酬相当額の支払いはあくまで当社の裁量に基いて行われるものであり、受注者または発注者が当該支払について何らかの請求または異議申し立てをすることはできません。
6. 本規約に明示的に定める場合を除いて、制作契約に関連して問題が発生した場合は、発注者と受注者は、契約当事者として各自の負担と責任で対応するものとし、当社は、報酬相当額の払い戻しを含む一切の措置を行いません。また、本規約に基いて当社が行うキャンセル料の支払いおよび報酬相当額の全部または一部の返還は、制作契約の当事者に発生する損害とは関係なく行われるものとし、当該損害が存在する場合は当事者間で解決するものとし当社は何らの対応または損害賠償を行う義務をおいません。
7. 発注者および受注者は、本条に基づく措置を当社が採るために必要な一切の権限をあらかじめ当社に授与するものとし、当該措置に関して当社に対し何らの異議申し立てまたは請求を行わないものとします。当社が当該措置に関連して発注者または受注者に発生したいかなる損害についても何らの賠償を行う義務を負いません。

第16条 法令遵守等
1. 会員は、本サービスの利用にあたって、下請代金支払遅延等防止法、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)、消費者契約法、特定商取引に関する法律等の法令ならびにこれらに関する政令および省令等を遵守しなければなりません。
2. 会員は、自己または自己の役員及び従業員が次の各号に該当しないことを表明し、保証します。
(1) 暴力団,暴力団員,暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者,暴力団準構成員,暴力団関係企業,総会屋等,社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等,その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」という。)
(2) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(3) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(4) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(5) 暴力団員等に対して資金等を提供し,又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(6) 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

第17条 秘密保持
会員は、本サービスの利用において知り得た他の会員の情報を秘密情報として厳にその機密を保持し、本サービスの利用のみに使用するものとします。ただし、以下のいずれかに該当する情報については、秘密情報に該当しないものとします。
(1) 他の会員から提供または開示された時点で、既に公知となっていた情報
(2) 他の会員から提供または開示された後、自己の責めによらないで公知となった情報
(3) 他の会員から提供または開示された時点で、既に秘密保持義務を負うことなく保有していた情報
(4) 法律又は契約に違反することなく第三者から提供または開示された情報

第18条 アカウント管理
1. 本サービスの会員IDおよびパスワードについて、会員は、これを不正に利用されないようご自身の負担と責任で厳重に管理しなければなりません。
2. 当社は、登録された会員ID及びパスワードを利用して行なわれた一切の行為を、当該会員ご本人の行為とみなすことができます。
3. 会員の本サービスにおけるすべての利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。会員が誤ってアカウントを削除した場合であっても、アカウントの復旧はできませんのでご注意ください。
4. 本サービスのアカウントは、会員に一身専属的に帰属します。会員の本サービスにおけるすべての利用権は、第三者に譲渡、貸与または相続させることはできません。

第19条 その他の知的財産権等
1. 本サービス上で会員が作成したプロフィールやコンテンツ(以下「会員コンテンツ」といいます。)に関する知的財産権その他一切の権利は、本規約に定めのない限り、当該会員自身に帰属するものとします。
2. 当社は、会員コンテンツを、当該会員コンテンツを制作した会員の事前承諾を別途取得した上で、本サービス運営または宣伝目的で、地域の限定なく、無期限および無償で、あらゆる方法により利用し、または第三者に利用させることができるものとします。この場合、会員は肖像権、パブリシティ権、著作者人格権及び実演家人格権を行使しないものとします。
3. 本サービスおよび本サービスに含まれるコンテンツに関する知的財産権その他一切の権利は、本規約に明示的に記載のない限り、当社に帰属します。当社は、本サービスの提供にあたって必要な範囲で本サービスおよび本サービスに含まれるコンテンツの利用をユーザーに対して許諾します。
4. ユーザーは、本サービスを通じて提供されるいかなる情報も、明示的に本規約に定めのない限り、使用することはできません。

第20条 本サービスの停止等
1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止または中断することができます。
(1) 本サービスにかかるコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合
(2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天変地異などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4) その他、当社が停止または中断を必要だと判断した場合
2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切責任を負いません。

第21条 個人情報の取り扱い
当社は、ユーザーから個人情報の提供を受ける場合、当社が別途定める「プライバシーポリシー」に基づいて適切に取り扱うものとします。

第22条 ユーザーへの通知または連絡、会員間の連絡および連絡先情報の開示
1. 当社からユーザーへの連絡は、ユーザーが登録したメールアドレスへの送信または本サービス上の適宜の場所への掲示その他、当社が適当と判断する方法により行います。ユーザーから当社への連絡は、本サービス上の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信または当社が指定する方法により行っていただきます。
2. 当社は、会員に対し、本規約に特段の定めのない限り、他の会員の連絡先を含む他の会員に関する情報を開示または提供しません。メッセージまたはチャット機能を使用して任意に会員間で他の会員に関する情報のやり取りをする場合は、当該会員自身の責任において連絡を行うものとします。
3. 前項にかかわらず、当社は、会員が、裁判所、検察庁もしくは行政機関の命令または弁護士法第23条の2等の法令に基づいて、制作契約の相手方に関する情報を開示するよう請求する場合は、当該請求を行った会員に対して当該相手方に関する情報を開示することができます。この場合の当社の開示行為について、当社はいかなる責任も負いません。
4. 前項の開示を受けた会員は、開示対象となった会員との間の制作契約に関する問題の解決のためにのみ、当該情報を使用するものとします。
5. 前項に違反し、または不正な手段によって第3項の開示を受けた会員は、当社または第三者に発生した全損害を賠償する義務を負います。

第23条 禁止事項
ユーザーは、本サービスの利用に際して、以下に記載する行為(このような行為に関連するVRコンテンツの制作を含みます。)を行ってはなりません。
(1) 案件登録後に当該案件について発注者と受注を希望する会員とが本サービスを介さずに当該案件に関して取引する行為
(2) 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
(3) 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為
(4) 当社または第三者の資産、知的財産権、肖像権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の一切の権利を侵害する行為
(5) 暴力的な行為、性的な行為、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別行為、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する行為、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える行為
(6) 当社または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為
(7) 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、当社または他の会員に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
(8) 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
(9) 宗教活動または宗教団体への勧誘行為
(10) 他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為
(11) 本サービスに関連するウェブサイト等に使用されている技術・ノウハウについて、逆アセンブル、逆コンパイル、およびリバースエンジニアリング等をする行為
(12) 技術的手段を利用して本サービスに関連するウェブサイト等を不正に操作する行為、当該ウェブサイト等の不具合を意図的に利用する行為、同様の質問を必要以上に繰り返す等、当社に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、その他当社による本サービスの運営または他のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為
(13) 本規約または本規約に基づく当社所定の指示事項等に違反し、本サービスの運営に重大な悪影響を与えると当社が判断する行為
(14) 上記(1)から(12)のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
(15) その他、当社が不適当と判断した行為

第24条 退会および会員登録抹消
1. 会員は、当社所定の手続により退会することができます。ただし、制作契約が納品及び受託者に対する報酬まで完了していない場合その他本規約に基づき必要な手続や決済が完了していない場合はこの限りではありません。
2. 当社は、会員が、本規約に違反した場合、あらかじめ会員が登録したメールアドレスへの通知を行った上で会員登録を抹消することができます。この場合、会員は本サービスの利用に関連して負う債務が存在する場合は当該債務について期限の利益を直ちに失うものとし、他の会員との間の制作契約が存在する場合は自己の負担と責任で一切の対応を行うものとします。当社は当該登録抹消処分に関連して発生する紛争等または損害の賠償について一切の責任を負いません。

第25条 当社の免責
1. 当社は、本サービスまたは本サービスに関するウェブサイト等について、事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、ユーザーに対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。また、当社は、ユーザーが制作した成果物等に関してデータ等の保存義務を負いません。
2. 当社は本サービスにおいてユーザーから提供された案件等の情報または受託者の制作した成果物の信用性、適法性、有用性、特定の目的への適合性等その他一切の事項について確認する義務を負わず、ユーザーに対して何らの保証をしません。
3. 当社は、本サービスの内容、品質および水準、本サービスの安定的な提供ならびに本サービスの利用に伴う発注者と受注者のマッチングや制作契約締結を含む結果などについて、ユーザーに対して何らの保証もしません。
4. 当社は、発注者の資力その他の経済的信用および受注者の適正や能力等について何らの保証もしません。
5. 当社は、制作契約の内容について何らの保証を行いません。本規約に明示的に定める以外は、当社は制作契約の内容およびその履行について関与をおこなわず、制作契約の当事者となったユーザーは自己の負担と責任で制作契約を履行するものとします。制作契約の内容および履行について、当事者間で本規約と矛盾する内容の合意等がなされた場合であっても、当社は、本サービス及び本規約との関係では、本規約に基づき本サービス上で案件登録により確認することのできる制作契約の内容を当事者が変更した制作契約に優先させるものとし、ユーザーはあらかじめ同意します。
6. 当社は、本サービスに関連してユーザー間で発生した紛争等について、一切の責任を負いません。当該紛争等については、当事者間で解決するものとします。
7. 当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、本規約の免責規定は適用されません。
8. 前項ただし書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます)について一切の責任を負いません。また、当社の過失(重過失を除きます)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は、システム手数料を負担するユーザーの場合は当該損害が発生した日から起算して過去6ヶ月の間で当社に対して支払ったシステム利用料の平均金額の50%相当額、それ以外のユーザーの場合は500円を上限とします。

第26条 権利義務の譲渡
1. ユーザーは、本サービスに関するユーザーとしての地位並びに当該地位に基づく権利及び義務を、当社が予め承諾した場合を除き、第三者に譲渡しまたは担保に供してはならないものとします。
2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第27条 分離可能性
本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第28条 準拠法
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

第29条 管轄
本規約に起因し、または関連する一切の紛争について訴訟を提起する場合は、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。